So-net無料ブログ作成
検索選択

でかいよUTAGE [CD]

CDの宴フラゲってきました。
限定版が有るという情報ぐらいしか知らずに西川イラスト入りのB版を買ってきてみました。
タワーレコードのレジ前には宴コーナーがあったのですが、時間が無かったのでよく見ず、
通りすがりの新譜コーナーから見本CDをとり、レジに差し出すと、用意に時間がかかってました。
付属ポスターのせいだと思って待っていると、それはいきなり目の前に現れました。

・・・CDを頼んだよね?

デカイよ

デカイよ・・・

デカイよ!!!!!!

ミニアルバムっすよね・・・?
写真集じゃないっすよね・・・?
まさかコーエーのトレジャーボックス並みのブツが来るとは・・・
トミーフェブラリーのアルバムよりデカイミニアルバムが有るとは・・・
ポスターの横幅とCDの幅が大差無かったっすよ、マジで。

特典のドラマCDを聞いてみました。思ったより長いかな。
あくまでもBASARAファン用の内容ですが、西川殿のうさんくささは良いスパイス
肝心のCDについては、自分はFLAGSの発売日を失念しててシングルを買い逃していたので、結果半分新曲状態で良かったのですが、FLAGSを持っている人には完全新曲一曲(と英語版一曲)の為、高い買い物かもしれません。
個人的にはABSの曲も入れて完全版にして欲しかったかな。JAPも無礼講もないからなんだか違和感が。。
でもあのデカさがあるから損をした気分には成りずらい。

てか洒落にならないデカさ&重さなので、収納に自信がない人は素直に通常版をお勧めします。
デカサの原因ことキャラカードの絵は綺麗なんだけどねぇ。

久しぶりに今日買ったCDを挙げてみる [CD]

今日のは近年稀に見る妙な組み合わせに。
今週出た、一年も前に終わったコルダアニメの、時期的な意味で謎の?コラボレーション企画、演奏者ソロCDのうち演奏が気に入っていた土浦役と柚木役の方のCDを限定版で購入。
土浦役岡田さんはソロで既にCD出してるけど、スカルラッティのソナタとか、このCDの曲の方が自分の好みで、購入。
柚木役遠藤さんは少し荒削りだけど柚木の胡散臭さ(!)を見事に音で表現してて素晴らしいと常々思い、フランス音楽好きなので購入。聴いたら感想書きます!
他のクラシックは、ワゴンセールでシゲティのopus蔵のCDを半額で購入。それと最近オール千円で売り出してるTDKライブ盤の渡邉さんシベリウス二枚を購入。コツコツ集めてますが今んとこ外れがない良いシリーズでお勧めです!
あと、以前買うと言いながら遅くなってしまいましたがHOMEMADE家族のベスト盤を購入。microさん、先日アビングドンのライヴに来てくれたんですよね!自分は違う日に行ってハイカラのタクヤさんでしたが、両方見たかった。。。
そして内村さまぁ〜ず。今DVD見れないのに、つい。。。来週もやもやDVDも出るんですよね。遂にさまぁ〜ずの時代が来たのか!?写真じゃウッチャンが切れてしまってますが私ウンナンANNリスナーでしたので、勿論大リスペクトですよ。マモーミモーのCDも持ってるしw
明日の休みにじっくり消化したいところですが、明日はコンサート。リスト聴いてきます。楽しみだ!!

給料日まで買わないって決めてたのに・・・ [CD]

ROZHDESTVENSKY/Borodin:Symphonies【Brilliant】990円


最近どのクラ売り場に行っても見かけるこのCD、ついに買ってしまいました。
990円の演奏とは思えないですね。名演の匂いがします。っていうかこないだ買ったDeccaの「ESSENCIAL BORODIN」よりもいいじゃん(こっちの方が高かったのに・・・)2枚組これは間違いなくお買い得盤かと。

ミシェル・プラッソン/ミヨー:交響曲・管弦楽曲集【グラモフォン(タワーレコード)】1500円


フランス週間第2弾。本日発売の新譜だったようですばい。折れそうで折れないアルデンテみたいな不思議な音楽ですね(それじゃイタリアじゃん)そんなフランスがやっぱり好きなり。これも2枚組。

La Magnifica Comunita/Boccherini:String Quintets vol.Ⅳ【Brilliant】990円


強烈に弦ものが聞きたくなって、ボッケリーニのクインテット予定外の購入。またもや2枚組、Op.18の6曲を収録してます。コストパフォーマンスが良すぎ。いい演奏です。

ヨッフム他/Bruckner:Symphonies(complete)【Brilliant】4790円


今日はブリリアントばっかり買ってるなあ・・・でもこれがメインです。ずっと欲しかったけどどれを買うのがいいのか迷いまくってやっと本日購入のブルックナー交響曲全集。ブルックナーの表現する音楽はスケールが大きいのと、弦が生き生き鳴くのがいいと思う。今のところ何聞いてもツボだ。交響曲でも、室内楽でも。
今まで買ったブリリアントの中で一番高額だけど10枚組なのでやっぱり安い。最近クラシックを集め始めた自分のような者に非常に優しいレーベルだ。大感謝して、これはじっくり聞くことにします。

これらとR&Rニュースメーカーと乾電池で9050円。ですがこの前貯まったポイント使用で3000円引きの上、今日もダブルポイントになったのでまたもうすぐ満点になります。ありがたや☆

初めてのHMV通販☆(ごめんなさいHMVさん編) [CD]

只今HMVWEB通販では、輸入版CD3枚買うと25%OFFセール実施中です!
と回し者っぽいことを言ってみましたが全然関係者じゃありません。ともかく一度ぐらい恩恵を受けてみようと4枚買ってみました。表示は25%引き後の値段です。

V.A/MEDITATION Vol.3 【LASERLIGHT】504円


安っ!!HMVレビューでは「ありきたりなオムニバス・アルバムに見えますが、収録作品の中に、ケーゲル指揮するやたらに悲劇的なアルビノーニのアダージョが入っているおかげで、HMVではベストセラー盤となった注目盤。」ということで、当然アルビノーニのアダージョ狙いで購入。
「やたら悲劇的なアダージョ」を期待して聞いていたけどなんだ結構普通にキレイな演奏??と思い聞き進めていく内に徐々に雲行きが怪しくなりオルガンから弦にメロディが移ってからは激情一直線!な感じです。メリハリがある分、余計最後が協調されるのかな。
ちなみに曲は
  • Albinoni :Adagio for Organ and Strings in G minor
  • Dvorak :Romance for Violin and Orchestra in F minor, Op. 11/B 39
  • Grieg :Peer Gynt Suite no 2, Op. 55: no 4, Solvejg's Song ↑ソルヴェイグの歌ですよん
  • Beethoven:Romance for Violin No.2 in F,Op.50
  • Schubert :Rosamunde, D 797/Op. 26: Ballet music
  • Mahler :Symphony no 5 in C sharp minor: 4th movement, Adagietto

もちろんお勧めは1曲目ですが、他も軒並み高レベルの演奏なので、値引き前のお値段でもアダージョマニア(?)じゃなくてもお勧めCDです。ドヴォルザークもグリーグもマーラーもえらく暗いです。なんか癖になりそう。

スヴェトラーノフ&ロシア国立交響楽団/メロディ2【Venezia】1,213円


ロシア盤輸入物。HMVレビューによると「いわゆる編集もののコンピレーションではなく、スヴェトラーノフ自ら選曲して、レコーディング・セッションを組んだ本格的なもの」だとか。煽り文句につられまくりでポチっと購入。
曲目は
  • アルビノーニ:アダージョ
  • バッハ:管弦楽組曲第3番から『アリア』
  • グルック:メロディ(『精霊の踊り』より)
  • グリーグ:『ペール・ギュント』第1組曲~『オーゼの死』
  • ベートーヴェン:交響曲第3番『英雄』~第2楽章
  • ワーグナー:楽劇『神々の黄昏』~ジークフリートの葬送行進曲
  • ブルックナー:交響曲第9番~第3楽章アダージョ

到着してみてから気が付いた、これもアダージョしかも1曲目。意図せず聞き比べになってしまったけど、こっちは最初からじわじわ暗いので「MEDITATION」よりは劇的さは少ないです。だがとことん暗いー
グルックの「メロディ」は良い演奏のものがなかなか見つからなかったのでラッキー。「オーゼの死」は、ばよりんの教本に載っていて当然弾いたことアリですが、演奏中この曲の闇に引きずられ自分まで鬱になるぐらいに暗い曲です。これさらっていた時は、普段の生活も何となく気分が乗らなくてつらかった記憶があります。でもここまで暗くは弾けなかったな・・・
いわゆる「G線上のアリア」以外はひたすら暗い一枚です。お陰でジークフリートのラッパが映えまくりです。上のCDと続けて2枚聞くと、もうその日は外に出られません(え)
ラストのブルックナーはしっとりしてるけど、彼得意の爆演の一旦も見せ、夜明け前の藍の闇の中に希望の光が見えるような解釈、そんな演奏で締めているのがとてもいいです。ホントにいい!!!
スヴェトラーノフが音楽を持ってして語りたかった人生の重さとか深さとか、そんなものの一端が、このCDで、もしかしたらまーだまだ若輩者の自分にもかすかに触れられたような気がしました。

Austbo/Janacek:Comp.piano Works【Brilliant】819円


ヤナーチェク強化月間第二弾。ホーコン・アウストボによるピアノ曲全集です。2枚組なので一枚あたり410円。まだ途中だけど、しっとりして雰囲気もなかなかいい。上の「MEDITATION」は一応リラクゼーション用なのだけど、こっちの方が寝る前にはよさそうだ。

Susskind/Dovorak:Comp.concertos【Brilliant】 819円


ドヴォルザークの協奏曲全集。これも2枚組。値段もそうだけどヴァイオリンが名手リッチと言うのに惹かれ購入。ということでヴァイオリン協奏曲は真面目にオケがおまけだねえ・・・ヴァイオリンは文句なく名演。弦好きリッチ好きならこれだけのために買ってもお釣りが来るでしょう。この直後にチェロコンが入っていて、こっちはオケが主役でチェロは良って感じかな。

・・・単価が安いのばかりの上にさらに25%OFFはかわいそう?確かに。しかも2500円は超えてるから送料も無料だし。鬼だよねえ・・・
それにしても「安いのに名盤」っていうのがあるのがクラシックCDの良いところだよね。だからはまってつい、CDの山が増えるんだよねorz

さわやかな木曜 [CD]

おはようございます。いい天気ですね。
・・・寝坊しました。これから会社行きます・・・ってことで、昨日書いて放置していたCD購入記録をブログにアップしてから出勤れす。
くれぐれも良い子は真似しちゃいけません。

ダブルポイント狙い@HMVで。ここレシートが税別なんですね。やりづらいぽ。

Isabelle et Florence LAFITTE/D.MILHAUD Duo Piano 【ALPHEE】2690円+税


フランス音楽色が強いピアノ連弾」の曲を探していたら、丁度新譜で出ていました。
ミヨー、まさに探してたテーマにぴったりでした。フランス音楽独特の色彩感にミヨーのきれいなメロディラインがあいまって曲自体もいい感じだし、この姉妹デュオもステキです。聴かせるってより響かせるピアノですかね。こういうの大好きだ。ほくほく。フランスもの好きなら是非お勧めです。

DU PRE/JACQUELINE DU PRE plays ELGAR:Cello Concerto,etc【TESTAMENT】1514円+税


2枚買うと1590円の棚に発見した超名盤。
実はこれには苦い思い出がありまして、かなり前にヴァイオリンの先生との雑談で「最近エルガーの交響曲にはまってます」ってな話をした所、「デュプレとバルビローリのエルガーチェロ協奏曲がいいよ」と言われて買いに行き、偶々見つけたEMIの廉価版をあっさり購入した所「多分それじゃない・・・」悲しげな顔で言われました。もう一度CD屋に行ったらこっちのCDがコメントで絶賛されていたので間違いに気づいたものの、廉価版に比べてやっぱり高くて買う機会を失ってたという悲しいお話でした(?)
今まで殆ど値下がりしなかったんだけど、ついにこの値段に。ということで聞きました。ステキです。いや、結局廉価版の演奏(録音年代が違った)もまた違う感じでステキだったので、どっちでも良いかと。でもどちらかといわれたらこっちかな。デュプレのバッハ無伴奏も聴けるので。

Chicago Symphony Orchestra・Fritz Reiner/MUSSORUGSKY:Pictures at an Exibition【BMG(LIVING STEREO)】1514円+税


2枚買うと1590円の2枚目。展覧会の絵はじめとしたロシア音楽曲集になってるCDです。宝の持ち腐れ。家にはSACDプレーヤーはありませんので普通にCDとして聞きました。先日買ったグレートコンダクターにも展覧会の絵があって、向こうはいかにもクラシックな雰囲気の曲調に仕上がっていますが、こっちは金管の歯切れが良くてカッコイイ感じ。他の曲もレベル高いです。最後の「ルスランとリュドミラ」を聞いたら、演奏ももちろん良かったんですが別の意味でも感激したコルダー魂。

アンソニー・コリンズロンドン交響楽団/シベリウス:交響曲全集【DECCA】2857円+税


シベリウスイヤー記念のコイツをゲット。シベリウスは2番7番入りの一枚しか持ってなくて、しかもそれが期待してた出来じゃなかったので今まで放置してましたが記念なので。まだ視聴で聞いただけですが、これはいい感じで期待できるかな。

GREAT CHAMBER MUSICDOCUMENT】1705円+税


こないだの「グレートコンダクター」に味をしめ、弦もの10枚組も購入。実は同じDocumentレーベルから出てる「Masters Of the Strings」という同じような10枚組を買ったことがあって、こっちは演奏は良いのですが録音状態に笑いが止まらないレベルのものが多くて、ちょっとトラウマ在り。よって怖くてまだ聞いてません・・・

4 Finale:Allegro-Dvorzak [CD]

曲名:4 Finale:Allegro
アーティスト名:Dvorzak

Tchaikovsky / Piano Trio, Op. 50 in A minor - (B: Variazione Finale e Coda: Allegro risoluto con fuo [CD]

曲名:Tchaikovsky / Piano Trio, Op. 50 in A minor
アーティスト名: (B: Variazione Finale e Coda: Allegro risoluto con fuo

残業地獄を乗り越えてCD購入 の巻 [CD]

星奏学院の生徒になって早一週間。PCも一週間ぶりに開けました。他ゲームの2ではまだクリアしてない人とかいるんですが、途中で手をつけるのがめんどくさくなってしまって・・・ゴメンよ柚木の中の人。そんな経験があるので、続編の名がつくゲームでこれだけ楽しめれば上等ですよ。人は選ぶけど良いゲームだと思う、コルダ2。
まだ全部クリアまではしてませんが、個人的には月森の株が下がって柚木の株が上がったかな。でも最萌えはかわらなかったよ。

で、本題。久しぶりにCDを買ったので。

 クイケン四重奏団/HAYDN 弦楽四重奏曲《皇帝》《五度》【DENON】 1050円


五度目当てです。ハイドンノーチェックだったけどこんなカッコイイ曲も書くんだー。マジでいい。いつか弾きたいなあ。

ルービンシュタイン/チャイコフスキー「ある偉大な芸術家の思い出のために」/ラヴェル「ピアノ3重奏曲」【BMG】1835円


選ぶ時間が無いので適当に買ったら100万ドルトリオだよ。コルダ1ネタですね。笑ったよ。ライナーノーツ読んだけど、仲が悪いトリオってこの人たちのことだったんですね。自分達で名乗ってないから、どうりでCD屋で名を見かけないと思ったよ百万ドルトリオ。とはいえ演奏は極上です。特にハイフェッツ!トリオなのに3人ともソロに負けない位主張しまくりで笑える。だけどそれがいい。こんな緻密で心弾ませる演奏なかなかないとおもう。さすが百万ドル。

VIVALDI Violin Concertos Op.8(Complete)【Brilliant】980円


そう言えば四季って演奏会では何度も聞いたことあるのにCD持ってなかった、キャハと思い、値段に惹かれて購入。四季含む12曲フルコンプなのでお得です。演奏は、まだ春しか聞いてないけど標準的だと思う。

Grumiaux/Beethoven Violin Sonatas(Complete)【Brilliant】1580円?


タワレコのあおり文句につられて。ベートーベンのVnソナタ全集はこれで3つ目、しかもこれが1番安い、けど名演名盤ですね。グルミューすげー。自分の中で他の全集を超えたよ。Decca盤の廉価リリースだとか書いてあったです。だから録音も古いんだけど、全然関係ないし、この値段だったら勧めまくれますよ。

金色のコルダ クラシック・コレクション~White Day Edition~【SMJI】2520円


・・・このシリーズは、いわゆるTVアニメのサントラ的なもの。これまでは購入してもここにレビューを書かなかったのですが、しかも今回こっぱずかしい名前が付いているので本当に薦め難い一品なんですが、あえて書きます。
他の「セレクション」シリーズと違ってキャラクターの声は入ってなく、楽曲のみなので中身としては人前で聞ける一品です。で、アニメ版の演奏担当の人が録音してる為、プロ・セミプロ・学生さん混合のかなり珍しいCDです。
この中でもピアノの岡田将さんの「愛の夢 第3番」。これ、アニメサントラに入ってる曲と考えるにはあまりに勿体無い演奏のよさです。さすがリストコンクール優勝者。自分の手持ちの「愛の夢」の中でも1番好きな演奏かも。こういう高音部がキラキラしたコチシュみたいな演奏大好きなんで特にそう思います。内容考えると、このCD高いんですが、この一曲で元取った気分です。岡田さんあんまりCD出してないんですよね。まだ若いからねー。最終セレのカンパネラが楽しみだ。


まああれだ。コルダ2に出てきた曲で気に入ったのを買ってきたって訳だ。「ある偉大な芸術家の~」は知ってはいたけどCD持ってなくて、今回買えたのはいい機会だったと思います。ハイドンなんかは過去レッスンで苦い思いをしたことがあって二度とかわねーよ!って思っていた位だったので、食わず嫌いを反省しました。
ところで500枚入るはずのCDラックが満杯になった件について。同じのもう一つ買うしかないかなあ。でもメーカー廃番らしいからなあ・・・

練習曲ホ長調op.10-3「別れの曲」-ジャン=マルク・ルイサダ [CD]

曲名:練習曲ホ長調op.10-3「別れの曲」
アーティスト名:ジャン=マルク・ルイサダ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。